イベントが少ない中で…がんばっています。

「きつけ塾いちき」の鹿児島教室で、自装の着付けを学んでいる榎谷彩さん。
2020年の、本場大島紬クイーンです。
新型コロナ禍のイベントの少ない中で、大島紬を皆さんに知っていただくために、がんばっています。
本場大島紬クイーンの榎谷さんのブログは下のバナーをクリックして下さい。

新型コロナ禍の中で、県産品でもある本場大島紬の普及に努める榎谷さんに、拍手です。

写真右は自装の着付けをお稽古をしている榎谷さん。

おきものを着て、お出掛けまであと少し…

鹿児島のお教室に、お越し頂いて、自装の着付けをお勉強されている、吉田さんと榎谷さん。
「ご自分でおきものを着て、お出掛けしたい。」という夢をみて入学されたのは最近のことです。
きものと着付けという翼を手に入れて、鳥かごから飛び立つ日も間近です。

マン・ツー・マン教室で、集中して学びます。

「きつけ塾いちき」とのお付き合い30年の松木さんは、自装着付けのおさらいをされています。
優しい担当講師のマン・ツー・マン指導で、「いま、教室が楽しい…」とのこと。
楽しい教室で思い切りお勉強されてください。
この日、別の教室で「振袖専科」を学んでいたのは、鹿児島の「きつけ塾いちき」から転校された徳重さん。
鹿児島・宮崎と学ぶうちに、着付けの技術にも磨きがかかってきています。
徳重さんはこの度、ご主人のお仕事の転勤で、福岡に住まれることになりました。
福岡では、「福岡講座」の仲間と、楽しく学んで頂きたいと思います。