「日本舞踊のメイク」を基本に、講座はすすむ

舞台のメイクを学んでいる皆さんは、日本舞踊の顔師を目指して、がんばっていらっしゃいます。
今日は福森さんと釜付さんが、筆を手に鏡に向かっていました。
日本舞踊の現場で役立つ技術を目指す仲間も増えてきています。

「振袖着付けの基本」確認しながら、楽しい講座に!

宮崎の着付師集団は、来春の新成人の皆さまのために、毎年・着付け特訓を企画して、技術の向上を目指しています。
着付け歴40年のベテランから、来年デビューする新人の着付師さんまで、腕を磨いています。
今日も多くの皆さんが参加されて、お勉強されていました。
なんと言っても、好きな着付けのお稽古。
楽しい講座となったようです。

お母さんが、10才の娘のお祝いに「つまみ細工の髪飾り」を

成人式は20才でお祝いをされますが…
最近は小学校で、10才の子供さんたちに、「二分の一の成人式」が行われています。
「きつけ塾いちき」宮崎の生徒でもある德重さんは、10才の娘さんのお祝いに「つまみ細工の髪飾り」を作りました。(下の写真)
ご主人のお仕事のご都合で、福岡に転居されることになり、「二分の一の成人式」はご家族で、太宰府に行ってお祝いをされるそうです。
德重さんは、鹿児島の「きつけ塾いちき」を皮切りに、転勤で宮崎の「きつけ塾いちき」で学ばれました。
この間、自装着付け1級の資格と、、振袖の着付師の資格を取得されました。
今度は、福岡の特別講座に参加されて、着付けの技術を学んで行かれることになっています。
福岡の教室でお会い出来るのを楽しみにしています。

西洋絵画400年、「東京富士美術館コレクション展」に伺いました。

10月27日(火)、「きつけ塾いちき」の彩の会(OB生の会)は、宮崎日日新聞創刊80周年記念の絵画展に伺いました。
題して「西洋絵画400年、『東京富士美術館コレクション展』」。
11時前に、「宮崎県立美術館一階ロビー」に集合した皆さんは、タップリと西洋絵画のすばらしさに目を奪われた一日でした。
その後はお決まりの「お食事会」。
美術館のお隣りの、「メディキット県民文化センター」内、「レストラン・レミューズ」で、お食事。
いつもは姦しい女性陣も、「ソーシャルディスタンス」を取って、静かなお食事会になった事は言うまでもありません。
素敵な一日でした。

着付けを教えながら、日本舞踊の着付師を目指しています。

釜付さんは、宮崎地域の専任講師。
いつもは、『自装の着付け』や、『振袖の着付け』・『帯専科』などを生徒さんに教えています。
現在は、衣裳方(日本舞踊の着付師)の技術を学び、《舞台裏の着付け師》として腕を磨いています。
二日後に、衣裳方上級の認定試験。
いつもは教えている立場でも、「上手くできるだろうか!」と、ドキドキしているそうです。

成人式で…着付師として本格デビュー

安藤さんと学院との出会いはかなり前のことです。
ご主人の応援もあって、着付けのお勉強をスタートさせたのが25年前。
これまで、七五三の着付けや、成人式のヘルプとして、腕を磨いてきました。

今日は、振袖着付師の認定試験日。
来春の成人式では、本格的にプロの着付師としてデビューします。

お母さんを一流にしてあげなくっちゃァね!

今日は、坂元三佳さんの振袖特訓の日。
かわいい同伴者は、莉緒ちゃん。生後9ヶ月のお嬢さん。お母さんを一流にしてあげなくちゃァね!
三佳さんにとって莉緒ちゃんは二番目のお子さんです。
お兄ちゃんの圭吾君(現在は年中さん)も、産後6ヶ月目から、お母さんの同伴者として通ってきていました。
着付けをご教授させて頂いている担当講師にとっても、自分の孫みたいにかわいい存在なんですョ。
今日は初お目見えとあって、最初は緊張気味でしたが、抱っこも出来るようになり、次回からも順調にいきそうです。
今回は、後半だけ写真のようなお稽古風景となりました。
次回のお稽古は、明後日10月23日(金)の予定です。

新成人のために、お休みを返上して

毎年、「成人の振袖着付け」で着付師としてがんばっている前村さん。
来年の新成人のために、振袖着付けの技術向上を目指しています。
今日はお休みを返上して、着付け特訓。
新成人のためにがんばる着付師が、全国で腕を磨いています。
感染対策もがんばっています。

コロナ禍の中で、慎重に策を講じながら…

宮崎の「きつけ塾いちき」では、振袖の特訓が行われました。
もちろん、来春の新成人の着付けのためです。
マスクを付けて着付けをするのは、少し苦しいときもありますが、みんなでがんばっています。

この日は、舞台裏のメイク受講の福森さんもがんばっていらっしゃいました。
舞台のメイクは結構難しいんですよね。
プロ目指してがんばってくださいね。

自装から他装まで ➡ 収束後に役立つ技術と知識
全国のコロナ禍の中で、経済活動へ舵を切り、少しづつ緩和の動きが出てきています。
go-toトラベル、go-to eat などがそれです。
「きつけ塾いちき」でも、感染防止策のなかで、生徒さんたちが学び始めています。
全国的には、広島講座は再開されていますが、浅草講座・福岡講座は、まだ開催されていません。
いま少し様子を見る必要がありそうです。
浅草と福岡の特別講座の皆さま、連絡まで、しばらくお待ちくださいませ。

写真:自装の着付けを学ぶ穂坂さん(左)と、振袖の着せ付けをお稽古する三浦さん。